骨盤の傾向を知ろう

生活

どうも管理人のキトテンです

本日は女性の骨盤についてです

骨盤が開き気味の人と

閉じ気味の人がいます

それぞれどんな特徴があるのでしょう?

骨盤傾向診断

高潮期と低潮期、どちらの期間が長いかで、あなたの骨盤傾向が決まります

高潮期が長い人

(生理後の代謝のいい時期が続く人)

高潮期が長い人は「骨盤が閉まり傾向」になります

からだは常に燃焼モードで

栄養をとっても身に付きづらいです

女性らしい曲線になりにくく

鬱傾向になりやすいので注意

ココロのエネルギーを積極的に使いましょう

低潮期が長い

(生理前の代謝が悪い時期が続く人)

低潮期が長い人は「骨盤が開き傾向」になります

骨盤がダレて、老廃物をため込みやすくなります

食べた分だけ身につくので

太りやすいです

排泄力を強化することを心がけましょう

骨盤が閉まり傾向の人の特徴

  • 痩せ型
  • 代謝がいい
  • 食べても太らない
  • 寝つきが悪い
  • 下痢しやすい
  • 飲むとすぐ排尿したくなる
  • おしりが小さく尖っている

骨盤が開き傾向の人の特徴

  • ぽっちゃり
  • 代謝が悪い
  • 間食が多い
  • 寝起きが悪い
  • 便秘しやすい
  • 排尿しにくい、残尿感がある
  • おしりがおおきく、腰との境目がない

骨盤を開く体操

骨盤が閉まり傾向の人のイライラ、下痢、生理痛、頭痛などにおすすめ

  1. 仰向けに寝て、足の指先を外側に開き、甲側に思いきり反らします。息を吸って吐きます。
  2. 次の息を吸いながら、足を外側に思いきり開いたままの状態で、かかとを30センチくらい床から持ち上げます。このとき、ひざは曲げないようにしてください。
  3. 限界まで息を吸いきって、息を吐くタイミングに切り替わる瞬間に脱力して、かかとをドスンと落とします。
  4. ゆっくりと息を吐き、そのまま呼吸を続けます。この姿勢でしばらくじっとしてください。
  5. 2~3分後、仙骨の硬さがやわらいできたら、バンザイしてゴロンと周り、うつぶせに。3~5分ほどそのままの状態で。この間に、骨盤がゆっくり動きます。
  6. 後ずさりするようにしてからだを起こして終了です。

骨盤を閉める体操

骨盤が開き傾向の人の冷え性、便秘、生理痛、むくみなどにおすすめ

  1. 仰向けに寝て、足の親指くっつけ、左右の足の甲を思いきり反らします。
  2. 息を吸って、吐きながら、かかとを30センチくらい床から持ち上げます。このとき、ひざは曲げないようにしてください。
  3. 限界まで息を吐ききって、息を吸うタイミングに切り替わる瞬間に、かかとをドスンと落とします。かかとを落とした時、親指が離れなければ大丈夫です。離れてしまったらもう一回トライしてみてください。
  4. ゆっくりと息を吸い、そのまま呼吸を続けます。この姿勢のでしばらくじっとしてください。
  5. 2~3分後、仙骨が床に当たる違和感を感じてきたら、バンザイしてゴロンと回り、うつぶせに。3~5分ほどそのままの状態で。この間に、骨盤がゆっくり動きます。
  6. 後ずさりするようにしてからだを起こして終了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

普段の悩みがいがいな骨盤が原因かも!?

体操事態そんなに難しくないですし骨盤を整えて内側から

キレイを目指しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました