意識すると面白いマーケティングのせ【世界一わかりやすいマーケティング】

ビジネス

どうも、キトテンです

マーケティング

ビジネスでよく聞くけど

どんなものって聞かれたら

ドキッとするよね?

マーケティングとは

人と人をつなぐ

あらゆる駆け引きを説明するもの

キトテン
キトテン

それだけ言われてもわからないよ・・・

お客様が何を考えているのか

企業はこんなこと考えていたのかと

発見だらけなので

面白い!

自分が働いている会社は

どんなことやってるんだろう?

なんて考えてみるのも面白いかもしれないです

それではいってみよう

マーケティングの基本

買いたい気持ち 「ニーズ」と「ウォンツ」

    • 売れる商品を作るにはどうしたらいいんだろう?
    • 人は何を求めているのだろう?

この二つの疑問を解決するためには普段人が何を求めて生活しているのかを知らなければなりません

ニーズとは

「消費者が必要性を感じ求めているもの」

交通の便が悪い地域に住む人にとって

車は必需品です

一方都心部に住む人には車を持ちたいというニーズはない

地方に住む人は

「移動手段」としてのニーズがある

都心部に住む人には高級車を買って

「自分を大きく見せたい」

「自分の気持ちを高めてくれる」

というニーズがある

ウォンツとは

必要性を感じているのではなく欲求を持っている状態

その欲求を実現してくれるものがなんであるのかまだわからない状態

車がなかった時代に車を欲しいとは思いませんよね?

ただ「速く移動したい」という欲求があったのです

その隠れたニーズのことを

「ウォンツ」と言います

このウォンツを掘り出すことができれば他社との差別化ができるのです!

ターゲティング

  • 顧客を絞り込む
    • あなたの扱う商品・サービスは誰に売れば良いのか?
    • あなたの扱う商品・サービスは誰なら買ってくれるのか?

一人一人欲しいものはバラバラなので

それぞれの「ニーズ」「ウォンツ」を追求して商品開発をしていたのでは

ビジネスとしてなりたたたない

そこで商品やサービスを提案するマーケットを探さないといけない

ターゲティングの出番だ!

調査などで消費者の嗜好を調べ

グループ化することを「セグメンテーション」と言い

その特定の「セグメント」に対して

絞り込んだ商品を開発し

販売することを「ターゲティング」と言います

モノを売りサービスを提供する環境づくり

お客を見極める ライフタイムバリュー

  • どちらが会社にとって良いお客様?
    • 高い商品を一度だけ買う人
    • 安い商品を何度も買ってくれる人

短期的には高い商品を買ってくれた方が良いが

長期的にみると何回も利用してくれるファンの存在はありがたいです

一人の顧客が生涯を通じて利用する金額の合計をライフタイムバリューと言います

一回限りの関係ではなく

生涯を通じて顧客でいてもらえれば収益性が高まり

会社も安定します

自分の会社のファンを増やそう!

まとめ

普段買い物をしているスーパーや家電量販店ももちろん取り入れているマーケティング

意識してみてみればスゲーってなると思いますw

身近なところから参考にして

自分の会社の仕事につなげていきましょう!

自分のまとめる能力が貧弱なため

まだまだ紹介できていない部分が多いので

ぜひ本書を手に取ってみてください

2時間くらいで読める読みやすい本ですのでおすすめです

世界一わかりやすいマーケティングの本【電子書籍】[ 山下貴史 ]
価格:1540円 (2021/11/25時点)楽天で購入

コメント

タイトルとURLをコピーしました