【論語】もう悩まない!人生の教科書 孔子の教え

論語

どうも、キトテンです

人生どうやって生きていこう?

そう悩んだときにお薦めなのが

孔子の教え「論語」

新一万円札の肖像画になる渋沢栄一が人生に取り入れて良かったと言っている、

ビジネス書を書いている数多くの経営者もお薦めしているこの教え!

成功者はみんな人格者なんです

徳を積んで人望がある人になりましょう!

石の上にも三年

子曰く、三年学びて穀に至らざるは

得やすからざるのみ

三年も(長い年月の意味)学問をしながら給料もなく

それでも学問をしている人は

得難い人である

給与をもらうことなく学問を続けている人は

奇特な人として見られていました

現代でもそうですねwww

何かの目標や試験に合格するために努力を続けられる人は素晴らしい!

何事も忍耐・我慢が大事ということです

人柄を知るために見るところ

子曰く、

其のなすところを視、

其の由る所を視、

其の安んずる所を察すれば、

人焉んぞかくさんや、

人焉んぞかくさんや。

その人のふるまいを見て

その人の経歴をよく知って

その人の落ち着くところがどこなのかを知ったならば

その人の人格というものは

隠しておくことはできない

隠しておくことはできないものだよ

人と付き合うかどうか判断する時などに

相手の人柄をよく見なければいけません

視・観・察

いずれもみるという意味の文字を3回も使って

人をよく見なさいといっています

最初にその人の行動を

次に生まれてからの経歴をよく見て

そしてどのようなことが心を落ち着けることなのか

そうしたことをよく考えると

その人の人柄というものはわかってしまうものです

    • その人の行動を見る
  •  
    • 生まれてからの経歴
    • 行動の動機はなんなのかをみる
    • どのようなことに満足、喜びを得ているか?

知るということ

子曰く、由よ、

なんじにこれを知ることを

おしえんか。

これを知るをこれを知ると為し、

知らざるを知らずと為せ。

これ知るなり。

由よ、お前に知るということを教えよう

知っていることは知っていることとして

知らないことは知らないということだ

これが本当に知るということなのだよ

(由は孔子が最も愛したと言われる弟子です)

人は知らないことを知ったふりをして見栄を張りたがるものです

知らないことは知らない

と素直に認めてしまえば気は楽だし

正直な人ということで人から信用されます

本当にものを知っているということは

知らないことは知らないと認めてしまうことだよ

正直に生きることは、人の本能

子曰く、人の生くるや直し

これをしいて生くるは

幸いにして免るるなり。

人が生きていくのには道理がある。

道理とは正直でまっすぐであることだ

もしも正直でまっすぐに生きていない人がいたら

ただ運が良くてたまたま助かっているだけのことである

人が生きる上で正直に生きることが大切であることを説いています

孔子は人間は本来正直に生まれてくるのですが

その後の学習や生き方の違いによって

人生が大きく変わっていくものといっています

よい人生を歩んでいくためには学ぶことが大切なのです

天命を自覚して生きる

孔子曰く、命を知らざれば、

以て君子たること無きけり。

礼を知らざれば、

以て立つこと無きなり。

言を知らざれば、

以て人を知ること無きなり。

天命というものがわからないようでは君子とはいえない

礼がわからないようでは世に立っていくことはできない

言葉がわからないようでは人を知ることはできない

天命を自覚して人のためになるように生きることが立派な生き方です

そのためには礼をよく学んで

人の言葉をよく聞くということが大切なこと

天命を自覚することで

人は謙虚になります

少しでも人の役に立つ生き方

それを一人一人が心がければ

孔子が考えたように

世の中が善くなるに違いない

まとめ

道徳とは完成された学問だと思います

何千年も前にこんな教えが既にあったなんて偉人たちはすごいなぁ

人生の教科書がこんなところにあったなんて・・・

もっと若いうちに知っておきたかったよ

学生の悩みの多かったあの時に読んでいたらまた違った人生になっていたのかな?

今の人生が幸せだからまぁいっかwww

より多くの人が

「論語って素晴らしい」

と思ってくれたらいいな!

自分からいい人になって

周りの人もいい人にしちゃいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました