初心者が投資を始めるまで ~お金の勉強Part1~

お金

どうも管理人のキトテンです

本日は投資の勉強です

老後資金が2000万不足しているだの

年金の給付額が下がるかもといろいろな情報が錯綜している

現在の日本

貯金しなきゃと思ってるがなかなか貯まらないって人多いのではないでしょうか?

はい、わたしです(´;ω;`)

金融リテラシーをあげてお金に詳しくなり

投資を始めようと思っています!!

私と一緒に資産形成のやり方を勉強していきましょう

投資か預金か

多くの人が銀行の預金で資産を形成していると思います

日本でお金のことについて教えてくれる人って

いませんよね?

学校の先生も塾の講師も親や友達など

お金の話をすることは卑しいことだとされてきましたよね

だからみんなが預金しているから

投資が怖いと思っているから預金にしていますよね?

じゃあどうしたらいいんでしょうか?

ひとつずつ勉強していきましょう

ではまず利息について勉強していきましょう

単利と複利

単利:元本だけに利息が付く

複利:利息にも利息がつく

例えば単利で7%で5年ものの国債を100万円買うと5年後には

利息が毎年7万円で5年だから135万円になります

複利だとどうなるか?

初年は7万ですが二年目以降は利息にも利息が付きますから

7.49万円三年目には8.0143万円とだんだんふえていき 

五年目には合計約140万2250円となります

単利より複利のほうが約5万2250円多いのです

この複利というものを使って資産を増やしたいですよね?

では預金がどういうものなのか見てみましょう

預金とは

預金とは銀行にお金を貸すことです

お金を貸してその利息を複利で支払ってもらう

それが預金での資産運用というものです

1974年のゆうちょ定期の利息は7.5%ありました

ひと昔前の人は貯金してればお金が増えていた時代に生きていました

しかし現在その利息は大手都銀の普通預金で約0.001%くらい

預金ではほぼお金は増えないんです

預金していればいいという時代は終わっているのに

なぜ預金をするのか!?

じゃあほかの金融商品について見ていきましょう

個人向け国債

個人向けに発行される日本の国債について見ていきましょう

最低保証利息が単利で0.05%

税引き後は0.039%

うーん低い

預金よりはマシだけどほとんど増えない・・・

リスクをとって株をやろう

預金や債券というものは

低リスク低リターンの金融商品になります

お金が減るリスクもないけど

増えることもないってことですね

では株とはなんなのか?

株とは企業の所有権を買うということです

歴史的にみても債券より株式のほうが長期的リターンが大きいと言われています

ただし元本は保証されていません

高リスク高リターンの金融商品です

お金を増やしたいならリスクをとってでも株をやろうということです

ただし!

貯金全てを投資するのではなく

余剰の資金で投資しようということです

生活費は預金でいつでも引き出せる分を一年分置いておきます

(どれくらい残しておくかは好みなので半年分でも3か月分でもいいです)

それ以上のお金っていうのは預金しておいても

引き出しませんよね?

だったらその資金で投資しようということです

素人が必ずはまる罠

さぁ資産運用を始めよう!

株をやればいいのね?

でもよくわかんないから証券会社にでもいこうかな?

そう思ったあなた!!!

ちょっとまったああああああ!!!

お金のプロに安易にまかせてはいけません

  • 証券マン
  • 生命保険販売員
  • 不動産業者
  • ファイナンシャルプランナー
  • 銀行員など

これらの人たちってのは

自分で自分の商品を紹介して買ってもらい

その利益を得ています

そしてそういう人たちっていうのは

手数料をとっています

代わりに金融商品を運用するんだから報酬をくれってことです

しかしこの手数料が高いのです

われわれは資産運用の運用利回り5%を目指していきます

ですので1%とられるだけでもかなり痛いのです

そしてお金のプロは初心者が買ってはいけないものを勧めてきます

  • 外貨預金
  • 外貨建て終身保険
  • FX
  • 個人年金保険
  • ファンドラップ
  • 新築マンションなど

これらの商品は運用が難しいしリスクが高すぎます

初心者にはハードルがたかい金融商品になります

あれもだめこれもだめばっかり

じゃあなにがいいんじゃい(#^ω^)

初心者でもできる投資の鉄則

結論、インデックスファンドを長期で運用する

インデックスファンドとは指数に連動した運用成果を目標とする運用方法です

プロにまかせる運用をアクティブファンドといいます

プロに任せるのとほぼ変わらない運用成績をだせる

手数料が安い

インデックスファンドで運用しましょう

しかも長期で運用しましょう

歴史をみると

~ショックと言われる

不況や経済危機がたびたび起こってきましたが

15年のスパンでみると経済は右肩上がりを続けています

だから長期運用するのです

そしてリスクを分散します

インデックスファンドだけでなく

ローリスクローリターンの債券を一定の割合で保有しましょう

インデックスファンド6割

債券4割

この比率で投資していきましょう

手数料、信託報酬あわせて0.5%未満を目指しましょう

そのために窓口に行くよりもネットで手続きしましょう

まとめ

長期のインデックスファンド

リスク分散

手数料を抑えよう

この三つが基本です

お金のプロに任せてはいけないんですね

窓口にいったら勧誘に負けてよくわからない金融商品買ってしまいそうですね

ネットで買える時代なので有効活用していきましょう

時代の波にのるぞー!!!

わたしが実際に投資を始めるまでに勉強したことを書いていくのでよろしくお願いします

まだ投資始めてないんですけどね( ^ω^)・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました